概要

UIST勉強会はThe ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST)の論文を対象に最新動向の把握や自分の興味関心のある研究の発見を目的としています。

発表者の皆様にはUIST2018で発表された論文を1本最大2ページのスライドにまとめ、2分程度で発表してもらいます。

日時

2018/12/15 14:00~17:00

会場

東京大学大学院情報学環・学際情報学府

本郷キャンパス・ダイワユビキタス学術研究館 3F石橋記念ホール

参加費

無料

参加方法

1. 発表申し込み

次の手順で申し込みをしてください。

  • 1. - こちらから発表したい論文の担当者名記入列に自分の名前を記入する。プルダウンを変更することを忘れずに!

  • 2. - こちらから発表申込をしてください。

以上で完了、当日お待ちしております。 発表スライドの提出をお忘れなく!

提出期限は 2018/12/12 23:59 です。

発表形式はページ下の発表についてを御覧ください。

幹事

(カナ順)


発表について

1論文1分30秒〜2分で発表をお願いします。

時間内に論文の紹介を終えられない場合は、「詳しくは論文を読んでください!」と発表を終えても構いません。

発表スライドの作り方

1 論文データの取得

論文はACM Digital Libraryで見つけることが出来ます。

Proceedingsはこちら

2 Awardsかを調べる

担当論文が何らかのAwardを授与されている場合はその旨を記載してください。

Awardを授与されている論文はこちらのAwardsを御覧ください。

3 自己紹介スライドを作る

今回の勉強会では、参加者の交流を深めるため、発表の初めに簡単な自己紹介をすることを推奨しています。 自分の研究やお仕事の内容など自由に1スライドにまとめてください。 発表の初めに30秒以内で自己紹介をしてください。

4 発表スライドを作る

1論文につき最大2スライドで資料を作成してください。 スライドは16:9で作成してください。 できるだけ図や写真を取り入れることを心がけてください。

必須事項

  • ・論文タイトル
  • ・著者+所属
  • ・画像(効果的に活用してください)
  • ・Arawdを授与されているか

こちらのスライドのレイアウトを参考に作成してください。

5 提出

最終的なスライド構成は「自己紹介スライド(1枚)」+「論文紹介スライド(1~2枚)」× (発表する論文数)となります。 自己紹介スライドは発表スライドの1ページ目に挿入してください。

発表スライドはDropBoxへ提出となります。PDF形式で提出してください。

ファイル名は担当論文の中で一番小さい論文番号+名前にしてください(例: 担当論文が2と32と54の人→「02_松田暁.pdf」)。

提出先:こちら

発表用PCについて

発表用PCは運営が用意したものを使用します。